記事リスト

経年劣化した場合

シャッター

交換が必要な場合

家の外部に設置されたシャッターは徐々に経年劣化していきます。頻繁に開閉しているシャッターは経年に伴い劣化が目立つようになります。修理が必要になった時に、シャッター全体を交換しなければならないケースも多いです。またシャッターには手動と自動があります。手動から自動に交換したい場合は、メーカーに問い合わせてみると後付けが可能かどうか確認出来ます。後付けが可能であれば費用を大きく抑える事が出来ます。シャッターが何らかの原因により修理が必要となった時に、業者に依頼してみてもらいます。ちょっとした修理で改善される場合と大きな修理が必要な場合とに分かれます。大きな修理が必要となった際には、交換するのと費用が変わらない事もあります。シャッターを設置する理由として防犯目的としているケースも多いです。車庫や玄関先の大きな窓、店舗などに設置します。シャッターは外部に設置しますので、雨風にさらされる事が多く腐食やカビの原因になります。その為シャッターの素材はステンレス製やアルミ製が選ばれています。また定期的なメンテナンスも必要です。錆付く際には、徐々に錆の付着の音がし始めますので、放置せずに潤滑油を使用するなど対応します。一般的な修理の費用は手動よりも自動タイプの方が高額になる事が多いです。新しく設置するときには、なるべくシンプルなデザインのものを選ぶと修理費用を抑える事が出来ます。交換が必要な場合で費用を抑えたい時には、少し古い型を選ぶと費用を抑えられます。